Home > 先祖供養の基本 > お盆とお彼岸

お盆とお彼岸

■お盆の本来の目的と一般的な様式

お盆とは、ご先祖様の霊をお祀りする一連の行事のことを言います。

日本のほとんどの地域では、「お盆」というと、8月中旬、だいたい8月15日ごろを指しますが、一部の地域では、7月の中旬頃、7月15日前後で行うところもあるそうです。

この「お盆」、お盆休暇のある会社も多く、本来の意味よりも、休暇や旅行のイメージが強くなってしまっていますが、本来は、先祖供養の行事なのです。

地域によって、風習や様式が異なるようですが、お盆における先祖供養の、一般的な流れをご紹介します。

■迎え火

8月13日の夕方に、オガラなどを乾燥させたものを玄関先や庭先で燃やし、その場で手を合わせます。

ご先祖様の霊をお迎えするにあたって、目印にするために行います。

この時期は、迎え火用の植物が、お花屋さんやスーパーなどで売られていますので、手に入りやすいと思います。

■精霊馬

地域によりますが、キュウリと茄子に割り箸をさして、精霊馬を作り、飾ります。

キュウリは馬をあらわしていて、少しでも早くご先祖様をお迎えできるようにとの配慮です。

逆に、茄子は牛をあらわしていて、お盆の終わりにご先祖様をお送りするとき、のんびりと帰っていただけるようにという気持ちを表現しています。

■送り火

お迎えしたご先祖様の霊を、お送りするために行います。

8月16日に、迎え火を燃やしたのと同じ場所で、オガラなどを燃やし、送り火を焚きます。

京都で有名な大文字焼は、この送り火と同じ役割をしている行事です。

また、九州では、一般的な送り火ではなく、精霊流しを行う地域もあります。

最近では、安全面に配慮して、迎え火・送り火に見立てた電飾や、盆提灯を利用することも多いです。

軒先で火を起こすのが難しい方は、利用してみてはいかがでしょうか。

■お彼岸の目的と様式

お彼岸は、春分の日・秋分の日とそれぞれの前後3日間を指します。

具体的には、春のお彼岸は3月18日~24日までの7日間、秋のお彼岸は9月20日~26日までの7日間のことを言います。

お盆のように、行事として様式が決まっているわけではないのですが、家族でお墓参りなどをして、先祖供養につとめましょう。

それぞれの季節に咲く花にちなんで、春のお彼岸にはぼたもちを、秋のお彼岸にはおはぎをお供えすることも多いです。

ちなみに、「お彼岸」とは一般的に春のお彼岸のことを指す言葉だそうです。

それに対して、秋のお彼岸は「秋彼岸」と呼び、区別することもあります。

記事をお読み頂きありがとうございます
この記事を有用と思って頂けたのなら、是非ソーシャルメディアにてご紹介ください。

同じカテゴリー記事

ページのトップに戻る