Home > 仏壇の基本 > お仏壇とは

お仏壇とは

■お仏壇とはなにか

お仏壇とは、簡単に言うと、家の中にあるお寺といった存在です。

仏教における寺院で、仏様をお祀りしている部分を小さくし、家の中に設置できるようにしたことが、そもそもの起こりなのだそうです。

今では、仏教における仏様をお祀りするものというよりも、ご先祖様をお祀りする意味でお仏壇を置くことが多くなり、お仏壇は先祖供養としての役割を持つことが一般的になっています。

家庭内でのイベントなどを、お仏壇の前で手を合わせて、故人や、ご先祖様に報告するというように、お仏壇があることによって、故人や、ご先祖様の霊とコミュニケーションをとることができるとされています。

お仏壇には、ご先祖様をお祀りするという役割のほかに、今生きている人と、亡くなった方やご先祖様とをつなぐ架け橋という大切な側面あるのです。

■現代におけるお仏壇の存在理由

昔は、一家にひとつはお仏壇があることが当たり前でしたが、最近では、お仏壇がない家庭が増えています。

純粋な先祖供養という意味で、お仏壇をおいている家庭は、どんどん減っているのではないでしょうか。

そんな現代でのお仏壇の存在理由とは、一体なんでしょう。

現代での、お仏壇を置こうとするいちばんのきっかけは、大切な人を失ったときだそうです。

広い意味での「ご先祖様」を供養するというよりも、特定の故人を偲ぶために、お仏壇をおく家庭が増えています。

このような、特定の故人を偲ぶために設けられたお仏壇の場合、亡くなった人を供養するという意味はもちろんですが、大切な人を失ってしまった、生きている人のためのものという部分も大きいと思います。

大切な人を失ってしまった悲しみは、自分だけでは抱えきれるものではありません。

お仏壇を介して、亡くなった人とコミュニケーションをとることによって、生きている人の心をケアすることができます。

お仏壇をおくことで少しずつ、悲しみから立ち直ることができるのです。

このような、生きている人の側にとっての心のケアが、現代におけるお仏壇の、大きな存在理由なのではないでしょうか。

記事をお読み頂きありがとうございます
この記事を有用と思って頂けたのなら、是非ソーシャルメディアにてご紹介ください。

同じカテゴリー記事

ページのトップに戻る