Home > 仏壇の基本 > 仏壇の手入れ

仏壇の手入れ

仏壇は、ご先祖様の霊にとって、いわば家のようなものです。

そのため、ご先祖様が心地よくいられるよう、敬意をもって、仏壇は常にきれいにしておくことが大切です。

正しいお手入れ方法を知り、仏壇を良い状態に保ちましょう。

先祖供養のためというのはもちろんですが、仏壇を長持ちさせることは、家計にも良いことだと思います。

では具体的に、どのようにお手入れをしていけばよいのでしょうか。

■日常的なお手入れ

仏壇は、いろいろな種類がありますが、基本的にデリケートなものです。

日常的なほこり取りには、ふわふわの毛ばたきを使うのが一般的です。

市販のぞうきんを使うと、塗装や、ツヤにむらができてしまったり、傷つけてしまうことがありますので、避けたほうが良いでしょう。

毛ばたきが用意できない場合は、やわらかい布でやさしく拭きます。

仏壇用のクロスも販売されていますので、そちらもおすすめです。

■湿気、水分に注意

湿気は、仏壇にとって大敵です。

そのため、基本的には水拭きは禁物です。

どうしても落ちにくい汚れがある場合は、やわらかい布をぬるま湯に浸し、かたく絞って拭きましょう。

汚れが落ちたら、仕上げに乾拭きを忘れずに行ってください。

誤って水をこぼしてしまったときを含め、仏壇に水分が付いたままにしておくと、塗装や、仏壇本体が変質、変形してしまうことがありますので、十分注意してください。

また、ついやってしまいがちですが、お花を替えたり、お水を入れ替えるときに、底面に水がついたまま置いてしまってはいけません。

必ずふき取ってから、お供えするように注意が必要です。

■特別なお手入れ

日ごろお手入れを欠かさなくても、見えないところが汚れていたりします。

年に数回、たとえばお盆やお彼岸の前、または年末など、念入りにお手入れをする日を家庭内で決めておくと良いでしょう。

その際に、ちょうつがいなど、壊れているところはないか確認をし、必要に応じて修理をします。

修理が必要ならば、仏壇を購入したお店に相談してください。

記事をお読み頂きありがとうございます
この記事を有用と思って頂けたのなら、是非ソーシャルメディアにてご紹介ください。

同じカテゴリー記事

ページのトップに戻る