Home > 仏壇の基本 > 仏壇の場所と位置

仏壇の場所と位置

仏壇の設置場所は、仏壇を購入する前に決めましょう。

その位置によって、適する仏壇の大きさなどが違いますので、先に設置場所選びから行ってください。

■仏壇の設置場所について

以前は、ほとんどの家に「仏間」がありました。

そのため、仏壇の置き場所に、頭を悩ませる必要はなかったのです。

ですが、現代では逆に、ほとんどの家に仏間がありません。

和室すら、無い家も増えたそうです。

そのため、いざ仏壇を用意しようと思っても、どこに、どのように置けばよいのか、考えなければならなくなってしまいました。

そうとは言っても、あまり重く考えすぎないでください。

先祖供養のために、仏壇を用意しようという気持を持っていることが、素晴らしいことです。

置き場所が決まらないために、その素晴らしい気持ちすら捨ててしまうのは、もったいないですよ。

実は、仏壇の正しい設置場所については、いろいろな説があります。

一概に「仏壇はここに置くべし」というものがないこともあって、置き場所や方角には、あまり良い悪いというのはないようです。

どの方角にも仏はいらっしゃるという考え方も、方角に良い悪いがないという今の状態を、後押ししていると思います。

■一般的な仏壇の設置場所

とは言っても、どこでもいいでは、かえって頭を悩ませてしまいますね。

そこで、一般的に良いとされる仏壇の設置場所、方角をご紹介します。

まず、『仏壇を南向きに設置する』です。

どの方角でも良いとされている仏壇の設置場所ですが、それでも、北向きに設置するのは避けるのが一般的です。

また、北を背にし、南向きに仏壇を置くことで、直射日光が当たらず、風通しが良く湿気が防げるというように、仏壇本体を良い状態で長持ちさせるという意味においても、最適な設置場所だと言えるでしょう。

家族が集まりやすく、落ち着いてお参りできる場所がいちばんですので、あまり方角にこだわりすぎず、ご家庭内での、最適な設置場所を見つけてください。

■仏壇の置き方についての2つの注意

仏壇には、いろいろな種類があります。

居間などの、サイドボードに置けるタイプの仏壇もあって、選択肢はたくさんあります。

ご家庭内での設置場所や、その奥行き、スペースなどによって、選んでいただけますが、注意事項が2つあります。

1つ目は、サイドボードに置けるような、コンパクトなタイプの仏壇もありますが、テレビやオーディオなど、音のするものの上には置かないこと。

もう1つは、直射日光が当たるところ、湿気が多いところ、エアコンの風が直接当たるところは、避けて置くようにすること。

この2つを守って、各ご家庭にとって最適な置き場所を見つけてください。

記事をお読み頂きありがとうございます
この記事を有用と思って頂けたのなら、是非ソーシャルメディアにてご紹介ください。

同じカテゴリー記事

ページのトップに戻る