Home > 仏壇の基本 > 必要な仏具

必要な仏具

■主な仏具の種類

仏具には、仏像や、位牌といった礼拝仏具と、その他の一般仏具に分類されます。

一般仏具のなかでは、香炉、燭台(ローソク立て)、花立、茶湯器、仏飯器、高杯、リン、木魚、打敷といったものが代表的です。

全てそろえることも大切ですが、香炉、燭台、花立を三具足と呼び、必要最低限の仏具とされています。

■仏具それぞれの意味

仏具には、それぞれ意味があります。

それぞれの仏具の意味を理解することは、先祖供養においても、重要なことだと思います。

 香炉:線香などを焚くための道具です。

 お香には、お清めの意味があり、俗世に生活する私たちの、心と身体を清めてくれるとされています。

 また、お香は、良い香りが全体にいきわたることから、人々にいきわたるご先祖様の愛や慈悲の象徴です。

 同時に、ご先祖様に楽しんでいただくお供え物でもあります。

 燭台(ローソク立て):ローソクに灯る火は、仏の叡智を象徴しています。

 ローソクに火を灯すことによって、仏様が叡智をもって、私たちを導いてくださるとされています。

 花立:ご先祖様へお花をお供えするときに、その花を立てるために使うものです。

 華瓶とも呼ばれます。

 高杯:ご先祖様に、お菓子や果物などをお供えするときに使うものです。

 高杯に直接置かず、懐紙などを敷いてお供えします。

 仏飯器:ご先祖様へご飯をお供えするときに使うものです。

 炊きたてのご飯を、毎朝お供えするのが良いとされています。

 茶湯器:ご先祖様に、お茶やお水をお供えするためのものです。

 お茶やお水も、毎朝お供えしましょう。

 りん:お祈りが仏の世界に届くように、打ち鳴らし、「リーン」という音を奏でるものです。

 りんの長く強く響く音には、邪念を払う力があるとされています。

 邪念を払い、無欲な心で、仏や、ご先祖様の前に立つことを象徴しています。

 打敷:花立などの仏具とともに、仏壇の前卓に飾るものです。

 打敷は、仏様や、ご先祖様に感謝し、敬う気持ちを表現しています。

 かつて、お釈迦様のお座りになるところに、弟子たちが敬意を表して、衣服などを飾ったことが、打敷の起源だといわれています。

 打敷は、お布施の心をあらわすものでもあるのです。

記事をお読み頂きありがとうございます
この記事を有用と思って頂けたのなら、是非ソーシャルメディアにてご紹介ください。

同じカテゴリー記事

ページのトップに戻る