Home > 仏壇の基本 > 仏壇のお掃除

仏壇のお掃除

先祖供養の意味でも、自分たちの精神的なケアのためにも、仏壇は、常にきれいに保ちたいものです。

ですが、仏壇は、とてもデリケートです。 清潔にしようと思ってお掃除をしたはずなのに、知らないうちに、仏壇を傷つけてしまっているかもしれません。

仏壇には、仏壇のためのお掃除のしかたがあります。

正しいお掃除の仕方を知り、仏壇をきれいに、長持ちさせましょう。

■仏壇の漆塗り部分のお掃除

多くの仏壇は、漆塗りがほどこされています。

漆は、傷つきやすいです。

また、ついてしまった傷から、湿気が入りこんで、カビが生えてしまうこともあります。

このような不具合を防ぐためにも、お掃除の際には注意が必要です。

日常的に、仏壇をきれいに保つことを心がけていれば、日々のお掃除は、毛ばたきで、ほこりを取り除くくらいで十分です。

日ごろから、毛ばたきでほこりを取り除いていれば、ほこりがたまることもありませんし、取りにくい汚れがつくことはほとんどありません。

しかし、それでも、取りにくい汚れがついてしまったときは、仏壇用のやわらかい布で、やさしくふき取るか、ぬらした仏壇用のやわらかい布をかたく絞って、水拭きしましょう。

仏壇は、湿気に弱いです。 水拭きした後は、湿気が残らないように、乾いた布でふき取りを忘れずに行いましょう。

■仏壇の金箔部分のお掃除

仏壇や仏具には、金箔で、繊細な文字や、模様が描かれていることが多いです。

金箔は、大変はがれやすいのですが、ご先祖様や故人の霊を供養していくために、とても重要な役割を果たすものでもあるのです。

 むやみに掃除をして、取り返しのつかないことになってしまったり、余計な費用がかかってしまうことを避けるためにも、金箔部分のお掃除には、細心の注意が必要です。

 金箔部分も、やわらかい布でやさしく拭くか、毛ばたきでほこりを取り除く程度で十分です。

 どうしても気になる汚れがある場合、自分で判断せずに、専門家に相談したほうが、賢明でしょう。

その場合は、仏壇を購入したお店に問い合わせてみてください。

記事をお読み頂きありがとうございます
この記事を有用と思って頂けたのなら、是非ソーシャルメディアにてご紹介ください。

同じカテゴリー記事

ページのトップに戻る