Home > お寺・霊園での先祖供養 > 年忌法要・法事

年忌法要・法事

■年忌法要とは

年忌法要とは、故人が亡くなってから、1年、3年、7年、13年、17年というように、3と7が付く年忌に行う法要です。

1回目の年忌法要は、「1周忌」と呼ばれます。

その後は、「3回忌」、「7回忌」、「13回忌」、「17回忌」と続き、33回忌で弔い上げとなり、以降は、法要を行わないのが一般的です。

年忌法要は、それぞれの年の、故人が亡くなったのと同月同日、すなわち、祥月命日に行うのが望ましいです。

都合により、祥月命日に、法要を行うことができない場合は、祥月命日よりも前に、年忌法要を行うようにしましょう。

■年忌の数え方

1周忌は、故人が亡くなってから、満1年目の年忌法要ですが、その後は、故人が亡くなった年も含んで数えるため、3回忌は、満2年目の年忌法要、7回忌は、満6年目の年忌法要というように数えます。

1周忌と3回忌は、大切な法要です。

その後、7回忌からは、法要の規模を小さくしていき、身内だけで行うようにしていくのが一般的です。

■年忌法要で行うこと

年忌法要では、主に、お坊さんによる読経と、参列者によるお焼香、和尚様による法話などを行います。

年忌法要を進めていくにあたって、進行の仕方は、特に決まったものはないそうですが、読経、お焼香、法話などが済んだ後に、会食をするのが一般的です。

年忌法要を、お寺で行うことも可能です。

その場合は、お寺さんのほうで、進行についての指示をしていただけるそうです。

■弔い上げの考え方

33回忌を終えると、弔い上げとし、それ以降の法要は行わないことが一般的と、冒頭に書きました。

33回忌を弔い上げとするというのは、昔からの考え方によるところが大きいそうです。

生きているうちにどんな罪を犯した人でも、33年目には、極楽往生することができるようになるという考え方があります。

また、30年も経つと、故人と親しかった人も、亡くなってしまったりするために、少なくなってしまうことから、33回忌で弔い上げとするのだそうです。

記事をお読み頂きありがとうございます
この記事を有用と思って頂けたのなら、是非ソーシャルメディアにてご紹介ください。

同じカテゴリー記事

ページのトップに戻る