Home > お寺・霊園での先祖供養 > 先祖供養のお布施

先祖供養のお布施

葬儀や法要の際、必ず必要なもののひとつに、お布施があります。

お布施は、一般的には、お葬式や法事を行うときに、お寺への感謝として渡すものだというように認識されていますが、実際のお布施の意味は、少し違っているそうです。

■お布施とは

お布施とは、本来、仏教における「布施行」という修行のひとつなのだそうです。

布施行には、様々なものがありますが、その全てに共通しているのが、「自分の持っているものを、周りの人々に、できる限り施しましょう」という考えです。

現代において、一般的に認識されている、お金をつつむというお布施は、仏様の教えを示してくれた、お寺や僧侶への感謝の気持ちを、カタチにして施すというところからきています。

■先祖供養におけるお布施の金額

お葬式や、法要、法事の際に、その都度頭を悩ませるのが、お布施として、いったいいくら程度つつんだら良いのかということだと思います。

実際のところ、お布施とは、感謝の気持ちをカタチとしてあらわしたものですので、はっきりと金額が決まっているものではありません。

言い方を変えれば、いくらでも良いのです。

とは言っても、故人やご先祖様を供養する、大切な機会です。

少なすぎることがないように、なお且つ、多すぎない程度に、お布施をお渡ししたいと思うのが、正直な気持ちではないでしょうか。

一般的な相場として、お葬式のときのお布施の場合、葬儀と戒名代を合わせて、20万円から40万円程度が平均的な相場だといえるそうです。

四十九日の法要や、1周忌以降の法事のときは、1万円から3万円程度と言われています。

宗派やお寺によっても、大きく違うようなので、喪主をつとめたことがある人や、お寺の住職さんなどに、相談してみるのも良いでしょう。

■お布施を渡すときの注意

先祖供養という観点から、お寺とはある程度長く付き合っていくこととなります。

供養は金額ではありませんが、一緒に供養していくお寺さんと良好な関係であり続けるためにも、お布施は、あまり少なすぎてはいけません。

また、ついやってしまいがちなのですが、お金をつつんだ封筒を、お坊さんに直接手渡しするのは、失礼とされています。

小さめのお盆に置き、そっと差し出すようにするのが良いそうです。

記事をお読み頂きありがとうございます
この記事を有用と思って頂けたのなら、是非ソーシャルメディアにてご紹介ください。

同じカテゴリー記事

ページのトップに戻る