Home > Tags > 先祖供養

先祖供養

永代供養

■永代供養とは 永代供養と書いて、「えいたいくよう」と読みます。 永代供養とは、お墓参りができない人や、墓守することができない人に代わって、お寺が、永代にわたって管理、供養をしていくというものです。 契約内容によっては、「10回忌まで」、「30回忌まで」など、期限が定められている場合もありますので、契約する際には、きちんと契約内容を確認するようにしましょう。 ■「永代供養」
▼続きを読む

お墓参り

■お墓参りについて 日本では、主に、お盆とお彼岸に、お墓参りを行うことが一般的です。 ですが、お墓参りは、お盆やお彼岸の時期だけしか、行ってはいけないものではありません。 毎日お墓参りをされている方もいらっしゃるそうです。 また、行事だからと、なかば機械的に行うお墓参りは、供養とは言えません。 無縁墓が増えている現代、お墓参りの大切さを、あらためて認識する必要があるの
▼続きを読む

念珠とお線香

■念珠について 念珠は、数珠とも呼ばれていますが、仏教においてとても重要な仏具です。 念珠のそもそもの用途は、お経を唱える修行において、念仏を唱えた回数を数えるためのものです。 最近では、本来の用途ではなく、魔除け、厄除けの意味のアクセサリーとして、広く普及しています。 念珠には、使う人の念がこもると言われています。 アクセサリーとして普及している現代ですが、他人に貸
▼続きを読む

朝夕の挨拶をする

■挨拶ではじまり、挨拶で終わる先祖供養 先祖供養といっても、具体的にどんなことをすればよいか、わからないという人も多いと思います。 せっかく、仏壇や、仏具を用意しても、日々なにもしないのでは、先祖供養とは言えません。 ただあるだけの仏壇は、宝の持ち腐れですし、先祖供養の観点でも、かえって逆効果です。 人と人のコミュニケーションは、まず挨拶からと言います。 先祖供養も、
▼続きを読む

位牌とは

仏壇を選んだら、それに合わせて位牌を選びましょう。 位牌といっても、最近はあまりなじみがない人が多いかと思います。 ですが、位牌は、亡くなった人そのものだとされているほど、大切なものです。 ■位牌と先祖供養 位牌は、亡くなった人そのものだとされています。 しかし、そうなると、先祖供養をしていくにあたり、さかのぼって先祖の位牌をそれぞれつくり、お祀りする必要があるという
▼続きを読む

先祖供養の功徳・効果

■功徳とは 功徳とは、正しい行為や良い行いには、現世、さらには来世における幸福をもたらす力があるという意味の、仏教の考え方です。 日本のことわざで、「情けは人のためならず」というものがあります。 功徳とは、まさに情けは人のためならずの考え方で、良い行いはめぐり巡って、結局自分のところに返ってくるものなのだから、たくさん良い行いをしなさいという教えです。 しかし、見返りをもと
▼続きを読む

先祖供養とは

■先祖供養の定義と行事 先祖供養という言葉自体は、たまに耳にしますが、そもそも先祖供養というのは、どのようなものなのでしょうか。 言葉の意味でいう先祖供養とは、ご先祖様の霊に、お供え物などをしてご冥福をお祈りすることや、そのための法事などのことを、総合的に表しています。 具体的な行事としては、お彼岸のころにご先祖様のお墓参りに行ったり、お盆にご先祖様の霊をお迎えし、お送りするとい
▼続きを読む

ページのトップに戻る